マルごしサンのブログ

気になるものについて思うまま語ります

この選択は正しいのか!? 誰か教えて!

老若男女すべての人が一度は悩んだことがあるだろう、
「これどっちを選ぶのが正解?」の問題。
自分的に「失敗の方」を選んでしまって変更がきかない場合、
子供なら地団駄踏んで自分を収めることもできるかもしれないけど、
いい年になるとそういうわけにも行かず「あ~ん、残念」とか言いながら諦めのいい大人ぶるしかない。
選択肢が多ければまだしも、二択での失敗は立ち直りづらいですね…。

年をとって何かと経験値は上がってるはずなのに、自分の判断が正しいか自信がなさすぎる上、些細なことから
重大なことまで
「失敗」の方を選び続けているようで残念です。神様どうしたらいいでしょうか。

仕方ないから、次回の選択の判断に活かせる経験値に…と諦めるしかない。
しかし、次も失敗…。の繰り返し。

小学生の子供がよく「願いごとがひとつ叶うならなにがいい?」と嬉々として訪ねてくることがあります。
いつもは「油田が欲しい」とか「病気を治す力が欲しい」とか言ってますが、実はお母さん「正しい選択ができる力」が欲しいんだよ。

先日、猫の脂肪腫摘出手術をしましたが、これがまた微妙な案件でした。
動物病院でのちょっとした検査後「多分、脂肪腫なのでで今すぐ取る必要があるものではなさそうだが、少し細胞が付いているのでただの脂肪だけではないかも。状態が変われば摘出が必要になることもあります。取ってみないと詳しくはわかりません。」といった説明を受け、(これは獣医さんの説明について言及するものではありません。あくまでも可能性の話をしてくれたものと解釈しています)

正しい判断ができない私は、「じゃ、まだ若い猫だし、悪い細胞が増えたら困るから取ってもらおうか」と判断しちゃったわけです。
術後の組織検査の結果は良性で私的には一安心できましたが、もの言わぬ猫は痛くもなかった(多分)腹を切られて大変な思いをしているわけだし、裕福でもないのにそれなりの代金も支払っている。コレ取る必要あったのかな…?!結果論ですがね…。

私の不安を取り除くためだけに、いたいけな猫の癒やし腹を傷つけ、万単位のお金を支払った。

この選択、どうだったの!?

これ、もし私が競走馬の馬主、もしくは調教師だったとして「この馬ならクラシック三冠も狙えますよ…
でもちょっと足元気にしてるのかな?タイムは出てますけどね…前哨戦どうします?」なんてことになったら、
どうしていいか分からなくなって、盗んだバイクで走り出すしか…!
……いや、この場合は馬体を重視したいですけど。

だから最近見続けているDVD『ウォーキング デッド』を見ながら、「ここでこの人殺しちゃっていいの?」とか悩む主人公に凄く同調しちゃって非常に疲れます。憔悴しちゃいます。だからちょっと休憩しました。

猫に粉薬を飲ませる!

■ 愛猫に降りかかる災難の章

昨日、我が家の餅系癒やしアイドルの『るーくん・4才』が、とあることで腹部の手術をうけました。
幸い重病とかではないのでとりあえず安心ですが、しばらくは抗生物質を服用するよう処方されました。

あ~なんか薬とか久しぶりね。たしかこのヒト(る-くん)は錠剤は試したことないけど、粉薬飲むの楽々だったはず。と、
病院の窓口で錠剤か粉か選ぶ際に 迷わず「粉で」とちょっといい気になって答えたわけです。

帰宅後、さて、いただいてきた薬を飲ませようと注射器(型)を何も考えず取りだし、少量の水で薬を溶いて注射器で吸い上げました。何か不穏な飼い主の気配を察した猫の顔を軽く押さえつけ、「ほれほれ、おくしゅりだよ~」と不気味は猫なで声でるーくんの口の端から注入したとたん、体重7キロ弱の渾身の抵抗!おくしゅりが少しこぼれちゃった!
まあ無理矢理飲ませはしたものの、「あれ?こんなに大変だったっけ?」と困惑。
そしてまた次の服薬時に、愚かな私は同じ戦法でるーくんの心を傷つけてしまったわけです。

「そうだ!美味しいものに混ぜ混ぜするんだった!」

二度目の注射器を洗っている時、ついに私は思い出したのでした。るーくんは、美味しいウェットフードにちょいと一服盛だけで楽勝な猫だということを!

以前薬を飲ませたのは生後1才にも満たない頃だったのでちょっと忘れちゃってました!

■ 愛猫の心体に負担をかけないで粉薬を服用させられる喜びの章

大事な記憶を取り戻した私は意気揚々と3度目の機会に挑みました。美味しいもの…そう、今のるーくんには『ちゅーる』がある!普段ドライフードしか食べていないせいか、巷で人気のナウなおやつ『ちゅーる』が大好きなのでした。
「ちゅーる混ぜやすい~!」と小さな器に粉薬と少量の『ちゅーる』を混ぜ混ぜし、るーくんを誘います。ちょろいるーくんが器の中の『抗生物質ブレンドちゅーる』を舐めつくしたところで残りのピュアな『ちゅーる』を追加してあげます。
るーくんも幸せ、私も幸せ!おお!創造主いなば様!聖なるペーストをありがとう!

というわけで、猫の服薬にお困りの方に是非お試しいただきたい!…ってもう猫飼いの常識?

ありがとうございました!

この夏、無性にホラー小説が読みたくなった!4

やっぱり続き物は読んでおきたい欲求に駆られて読みましたよ!

リターン (幻冬舎文庫)

リターン (幻冬舎文庫)

高尾で発見された死体は、十年前にリカによって拉致された本間のものだった!
警察官を殺害して逃亡していたリカを追い続けてきたコールドケース捜査班の主人公は、同僚とともにその捜査にあたる…。
以下ネタバレご注意

『リカ』の恐怖の余韻を脳裏に残しつつ挑んだわけですが、あれ、だいぶあっさり終わってしまったなと。
文章自体のスピード感だけではない速度がついちゃった感じでした。私の中のケチな私が「これ勿体ないんじゃね?」と
ぼやいたのも無理もありません。2時間くらいで読んじゃった……。

リカ確保のための大がかりな駅での張り込み部分も、そこでリカを逃してしまうあたりもちょっとご都合主義っぽいなあ…。
そこまでの、ウキウキしたリカからのメールの気味悪さで、気分が高揚していたところだったのであれれ~?って肩すかし
くらった感が否めません。
ちょっと、前作のように引きずり込まれるような恐怖は薄かったように思いますね。拘束されちゃった→危ない!痛い!→助けが来た!のシークエンスもちょっと飽きたかな。
ただ、さすがリカのやることはエグい!イテテってカンジ。事件の結果的には清々しい部分はあるものの、あれ?リカ?どうした?って。
はい。わかりました!私にもっとリカを!リカが足りなかったんですね!なんか私のリカ愛が膨らみ過ぎちゃったきらいがありますね。

結末での主人公のエピソードで、ああ『リターン』ってこのことかって納得。

次作のリバースに期待!

う~ん今回はスマホで読んじゃったので、なんかそれもいけなかったかなぁ。試してみたくて~。
慣れないせいか読みづらかったなあ。

たまにはお礼を言ってみます!ありがとうございました!

スプラトゥーン2おあずけ中…

こんばんは!突然ですが、ニンテンドーwiiUの人気タイトル「スプラトゥーン」は最高に楽しいゲームですね!
大人の日頃のストレスもスッキリ解消してくれるスグレモノ!ゲーム好きの血が久々に騒いでしまい私もすっかりはまってました。
しかし…これね…哀しいかな寄る年波には勝てず、なかなか上達はしてないんですが、塗るのがとにかく楽しい!ボムも楽しい!イカちゃんもかわいいし!子供とのコミュニケーションも図れます(大人的発言)
f:id:kajika-fufu:20170722220421p:plain
巷ではもうスイッチのソフト「スプラトゥーン2」が販売になりましたが、いかんせん我が家は受験生がいるために未だ手が出せない歯がゆい状況。早く購入してプレイしたいなあ…。
それにしてもスプラトゥーンのギアってすごくかわいい。市販されているグッズもあるけれど欲しいものはなかったりするし、
…コレ作っちゃえばいいんじゃね?と思っていくつか家庭用にペイントしちゃいました。これが楽しいんですわ。アクリル絵の具で描いています。
f:id:kajika-fufu:20170722213440j:plainf:id:kajika-fufu:20170722213502j:plain

手作り感はご愛敬!
ちょっと前に作ったキャップは子供が使ってくれてよかった!
車用のティッシュカバーには「スプラトゥーン2」の新ブランドのロゴを施してみました。
もう少し作りたいな~。クオリティも上げたい。
なんか違う方向にベクトル向いちゃってるけど「スプラトゥーン」おすすめしたい!

この夏、無性にホラー小説が読みたくなった!3

こんにちは、今日は調子がいいのでつづきを!

この人の作品なら、まず「黒い家」を読みたかった~!残念~!私は先に映画を見てしまうと、あとで原作を読んでみよう!という気力が残らないことが多いんですね…。よほど映画の内容が不可解だったりしないとなかなか…。
でも、いつか読もう!

さて、「天使の囀り」読み終わりました。気持ちが悪くなりました。

主人公の女性はホスピス終末医療に携わる精神科医。作家の恋人が新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してから、彼の人格は変化し自殺を遂げてしまう。さらに他の調査隊メンバーも立て続けに自殺しているのが明らかになる。
アマゾンで一体なにが!?

以下多少のネタバレがあるかもしれませんので、未読の方はご注意願います。


あ~なるほど、そっち系ね~みたいな軽いノリで読み始めましたが、間もなく、ン!?イカン!こんなカンジで読んではならぬ小説様だ!お正座お正座!と背筋を伸ばさないと罰があたりそうな濃厚で神々しい文章。
登場人物像にしろ、多様な分野からの専門的な裏付けにしろディテール表現のこだわりには思わずうなっちゃいました。医療関係の専門用語のオンパレードと、神々のカタカナ名前に及び腰になりながらも(5文字以上のカタカナが容易に記憶できない脳につき)必死に食らいついて読破しました。
最後は、嵐の後の静けさのような雰囲気ではありながら複雑なシチュエーション。
主人公に、そうだよね!わかります。と言いたいです。
予想を裏切る展開に、軽く興奮してしまうくらい読み応えありました。

もう一度言います。気持ちが悪いです。

中盤からの気持ちの悪さは格別ですww 虫嫌いの方はお気をつけて。
後半に出てくる気の毒な人々の姿も、現実のものを見て書いているのかと思うほどの細かな表現。…恐ろしい…。
はいそうです。私の頭の中で凄い姿が再生されてしまいました。
他の読者のかたと頭の中の彼らの姿くらべしてみたいほどです。

またしてもホラー小説における、読者自身の想像力の効果って大きいなと思いました。
作者の表現をできるだけ忠実に脳内で再現しながらも、自分の一番恐れる形に創りあげて恐れおののく…。
自分の恐怖することをあえてすることで楽しくなっちゃってるって…私…大丈夫?感染しちゃってる…?
天使?天使来てる?


…だがしかし、この作品でもなかったのです。この夏読みたいホラー小説を探すたびは続く…

この夏、無性にホラー小説が読みたくなった!2

リカ (幻冬舎文庫)

リカ (幻冬舎文庫)

はい、まずこれいってみました。2002年に刊行されたものらしいので既読の方の今更感は拭えないと思いますが、
なんせ読書ブランクがあったものでご勘弁を!
以下、些かネタバレ等含むかも。未読の方はご注意ください。

妻子を愛する42才の平凡な会社員が、出会い系サイトで知り合った「リカ」という女が恐ろしい"怪物"だった…。
というシリーズものの1作目とのこと。

いやあ確かにグイグイ引き込まれるように読破しました。読み始めの私は、出会い系にはまっていく主人公をお馬鹿だねぇ…と心の中で罵り、サイコなストーカーに捕まっておしまい的な感じだったら飽きるな…と高をくくっていたわけです。そして予想は大幅に外してはいなかったんですが…越えてきましたねリカ。リカ怖い!容姿の表現をもとに私の頭の中でできあがったリカの姿が怖い!臭いそう!人外なのか?リカよ…!
この小説完全版ということで、加筆部分がありなかなかのもやっと感を残してくれました。面白かった!他の方も推薦している意味がわかりましたよ!近いうち続きも読んでみたいと思います。

しかし想像力って怖い!思うに自分が一番苦手で恐怖を感じる形で想像してるんだと思いますよ。自分で自分を最大限に怖がらせてα波が出ちゃってるってことかな。作家さんと自分の想像力のコラボを満喫しました。
はい!こんな怖い顔ですよ!って形のできた情報を受け取る漫画とか映画とは違う面白さがありますね。

リカ読み応えありました!ただ…惜しむらくは私のこの夏に求めるホラーではなかったのです…。
なにかが違う…やっぱりオカルトテイストが欲しいのか?私よ!

…後日談ですが、リカ読後の翌日、会社にてすでに退職した従業員の写真を発見しました。白黒写真。どうやら随分若い時分に撮影したものらしく、見てみたところ…! リカ !!! 私の脳裏に焼き付いたリカの姿に酷似しており、ホラー映画の劇中ヤバいものを見つけてしまった人みたいな固まり方をしちゃいました。ほんとに恐ろしかった…。

ん?自分で自分を最大限に怖がらせてる…ん!?

この夏、無性にホラー小説が読みたくなった!

こんにちは、しかし暑いですね。

集中力も散漫な毎日にもかかわらず、「ホラー小説が読みたい!暑いから!」と

沸いた頭で思い立ってしまいました。そもそも小学生時代以降は小説・物語の類いとは疎遠になり、漫画で育ってしまいました。活字は実用書やら啓発関係を読むことが多くなりました。たぶん、(長文を読む労力=何らかを会得)でないと納得できないタイプなのだと思われます。ケチなんだと思います。

しかしこの夏読みたくなっちゃったもので、ネットなどで怖いとされる本の情報を集め2冊読んでみました。

つづく…